Month: 5月 2017

盲腸を朝まで我慢して結局手術(>_<)

友人のご主人。

昨日の夜から激しい腹痛に襲われたそうです

いままでに経験したこのとない痛み

寝返りをうっても治らない

トイレに行っても治らない

冷や汗はでる

どうにもこうにも我慢ならず救急車を呼ぼうかと葛藤すること朝まで5時間

明るくなり友人へ症状を訴えたそうです

そのご主人普段からちょっと大げさと評判

熱があるからしんどくて動けない…

と言うから

何度?と聞いたら

37度(-_-;)

咳が辛くて呼吸するのも苦しい…

といいながらタバコはたくさん吸う

お腹が痛い。ノロかも知れない…

といいながら好物の豚カツを食べる

などなど本当に具合悪いのかあやしい逸話の持ち主

今朝、お腹が痛くて動けないと言われた友人

また大したことないだろうと市販の整腸剤を渡して

お仕事にやってきました

そのあと間もなくして職場の電話が鳴りました

ご主人あのあと救急車で運ばれて

これから盲腸の手術をすることになったとの連絡

本当だったんですね

今度は…

本当に痛かったとは思いますが

普段から大げさにしていた為に信じてもらえなかった

ご主人。

まさに現代版のイソップ童話を見た気分でした

家族3人で牛窓から前島に行って来ました。

このゴールデンウィークの日に家族3人で岡山からフェリーで約5分という目と鼻の先にあるような近くの島に行きました。

フェリーてあまり乗る機会がないので、テンションが上がるのですが、乗ってとりあえず座るともう目の前に前島があるのです。

ちょっとつまんないな…

前島にはカリヨンハウスという少年自然の家のような施設がありまして、そこでいろんな体験をさせてもらえるのです。

前島とは瀬戸内海に浮かぶ人口183人、外周約8キロの島で観光客で稼いでる島ですね、島にはお店はありませんし自動販売機が何個かあるくらいでした。

さて、島に着くとお迎えのバスが待ってくれてます。

予約していた名前を呼び、みんなでバスに揺れる事20分くらい、結構な狭いでこぼこ道を走りました、ちょっとスリルがあって何かちょっとアトラクション気分でした。

カリヨンハウスに着いて広いロビーで1家族ずつチェックインして先ずは磯釣り体験!すぐ近くの波止場で竹竿を一人一本ずつ借りてみんなで(30人くらい)のんびり釣り体験です。

ただ、みなさん(私らも含めて)土素人連中ですので、約2時間の中、まともに連れたのは一人だけで私らはちっちゃいフグとギンポというちっちゃい魚だけでもちろんリリースしちゃいました。

それどころか虫が苦手な私らはことごとく旦那に針に虫をセットしてもらい、すぐにひっかかってはちんぎれて係りの人に新しい針をつけてもらい、そんな内職にばかり時間をとられてました。

まぁ楽しかったです。そしてランチは食堂で簡単などんぶりバイキング、50人くらいいてました。

そして休憩の間、それぞれ寝転んだり本を読んだり自由に過ごしているなか、子供と旦那は館内を探険していたらしく宿泊部屋に入り、2段ベッドを堪能していました。

午後からいかだ体験!10枚のすのこのような板の下に発泡スチロールという単純な造りで他の家族と3人+3人で6人でチームを組んでいかだに乗りました!

これもやはりみなさん土素人ですので、思ったように進みません、まぁこのぐだぐだが楽しんですよね。

たまに係りの人がボートで波を作ってくれて揺れるいかだに笑い声が聞こえてきて何だか楽しい気分です。海に落ちる事もなく無事に終わりました。

全員お尻が 濡れて楽しく貴重な経験が出来ました。